振動を伝えない

防音工事とはどのようなものか

防音工事とは、騒音が建物の中に入るのを防いだり、逆に建物内から出る騒音や振動を漏らさないようにする工事を指します。防音工事で行われる対策としては、床や天井、窓を中心に行われます。代表的なものとしては窓のガラスを二重にするものがあげられます。空気の通り道である窓は最も音が入りやすい場所であり、既存の窓の内側に更にガラスとサッシを取り付けることで、騒音をおよそ半減させる効果があります。また、床に防音マットなどを埋め込んで振動と音を吸収する工法は集合住宅などで多く見られます。窓や床の防音工事を行うことによって気密性や断熱性が高まります。このことにより冬場の暖房費を抑えることにつながるなど電気代やガス代の節約効果も見込まれます。

集合住宅の防音対策について

集合住宅において騒音問題は訴訟などに発展しかねない深刻な問題です。ひとつの建物を仕切る都合上、どうしても音と振動が伝わりやすくなります。緩衝材を床や壁に使う防音工事で対策をすることもできますが、完全に防ぐことは困難です。ただし騒音や振動の元となる部分に対策を行うことで軽減させることができます。よくある問題として、下の階への騒音問題がありますが、フローリングの床は畳やカーペットに比べて倍以上音が響くため対策が必要となります。特に物を落としたり、子供が駆け回ったりするときの振動が大きく響きます。振動を吸収する厚手の防振・防音マットをフローリングの上に敷き、更に音を吸収する消音カーペットを敷くことで騒音と振動を大幅に減らすことができます。