張替えを依頼

破れを綺麗に修理するテクニック

障子は昔から日本家屋で愛されている建具で、現在でも多く利用されています。薄い和紙が貼られている為に、力を加えると破れやすいのが欠点ですがすぐに張替えることが出来るのが障子のメリットです。 もしも小さい穴が一カ所空いてしまった、という場合には全面張替えるのは手間と時間がかかってしまいます。とくにコツが必要なので素人では難しい場合もあります。そんな時にはポイント修正用の障子紙を利用するのがオススメです。花の形や蝶の形にあらかじめ切られた障子紙を破れた穴の部分に張るだけで穴を修理することができます。色違いのものを使えばアクセントにもなるのでオススメです。 全面を張替えたい場合は雨の日に行うのが良いと言われています。湿気が多い日の方が紙がたわむので、晴れて乾燥するとピンと張って綺麗に仕上がります。

機能性の高い障子を使う

最近では和紙を使用した障子に加えて、さまざまな機能を持ち合わせた障子紙が作られています。 素人でも簡単に張替えができるシワになりにくい加工がされたものや、あらかじめしわのような模様が全体に入っていて多少の歪みやたわみが目立ちにくいものがあります。 更に、破れにくくカッターで切ろうとしても切れない素材や臭いを吸収する素材を使用したものもあります。 子供がいる家庭では破れにくいもの、ペットがいる家庭では臭いを吸収するものなど部屋の場所や家族構成にあわせて障子紙を選ぶことで、張替える手間を少なくすることが出来るというメリットがあります。また、部屋の雰囲気や模様替えをしたい場合に簡単に張替えができるのも障子のメリットです。